ニュースデザインテンプレート図形・オートシェイプ使い方講座リンク集

パワーポイント使い方講座

オートシェイプを回転させる

今回は、オートシェイプを自由に回転させる方法をご紹介します。
この機能を使えば、簡単にオートシェイプの角度を変えることができ、さまざまなオートシェイプを組み合わせることで、地図作成や見取り図など複雑な図形も描画できるようになります。

それでは、オートシェイプを回転させてみましょう。
まず、以下のようにオートシェイプの緑の○(回転ハンドル)をポイントします。
マウスポインタの形が回転マウスポインタ形状に変わります。

(図1)回転ハンドルをポイント


次に、マウスを回転させたい方向(右回りか左回り)にドラッグします。
ドラッグ中、マウスポインタの形が回転中のマウスハンドルに変わり、
図形は点線で表示されます。

(図2)回転ハンドルをドラッグ


ドラッグを終了すると、任意の角度にオートシェイプが回転しましたね。
いかがですか?
(図3)回転終了


この他にも、一定の角度ごとにオートシェイプを回転させる方法もあります。
次項の  オートシェイプの回転を一定の角度ごとに行う でご紹介します。

◆注意: Office2000以前のバージョンの場合、上記で説明した回転ハンドルというものがありません。 Office2000以前のバージョンの場合には、以下の図に示すようにオートシェイプ の回転ボタンを使ってください。 オートシェイプを選択した状態でこのボタンを押すと、オートシェイプの四隅に 緑色のマーカー(回転ハンドルに相当するもの)が表示されるので、その上にマ ウスをポイントして回転させてください。

(図4)2000以前の回転ボタン

(図5)2000以前の回転ハンドル

 

 

当サイトについて

Copyright (c) 2008 Powerpoint119 All Right Reserved.

トップページデザインテンプレート図形・オートシェイプパワーポイント使い方講座リンク集当サイトについて