ニュースデザインテンプレート図形・オートシェイプ使い方講座リンク集

パワーポイント使い方講座

オートシェイプ(図形)を描く

今回は、オートシェイプの作り方です。

オートシェイプ とは、簡単に円や四角の形を描くことができる機能のことですが、このオートシェイプは、パワーポイントの機能の中核をなすと言っても過言ではありません。それほど、パワーポイントで何かを作るときにはよく使う機能です。ぜひしっかり覚えてくださいね。

さて、オートシェイプには円や四角、星型、線など様々な形がありますが、まず手始めに、円から描いてみましょう。作り方はテキストボックスの要領とほぼ同じです。最初に楕円ボタンをクリックしてください。

(図1)楕円ボタンを示す操作画面


次に、マウスカーソルを円を描きたい場所まで動かして再度クリックしてくだささい。

(図2)オートシェイプ(円)の作成方法を示す操作画面


これでオートシェイプ(円)を描くことができました。

(図3)オートシェイプ(円)が描けたことを示す操作画面


今度は、四角形を描いてみましょう。四角形を描くには、楕円ボタン左側の「四角形ボタン」を使っても良いのですが、今回は様々な形のオートシェイプを作れるということを示すため、「オートシェイプメニュー」から、四角形を選んで作ってみます。

(図4)オートシェイプメニューの位置を示す操作画面


オートシェイプメニューをクリックすると、プルダウンメニューが表示されます。「基本図形」→「四角形」をクリックし、後は楕円の時と同じように四角形を描きたい場所までマウスを動かし、再度クリックしてください。
(もし四角形以外の形を選びたいときには、ここで他の形のボタンを選び、クリックします。)

(図5)オートシェイプ(四角形)の作成方法を示す操作画面


これで四角形を描くことができました。

(図6)オートシェイプ(四角形)が描けたことを示す操作画面

 

当サイトについて

Copyright (c) 2008 Powerpoint119 All Right Reserved.

トップページデザインテンプレート図形・オートシェイプパワーポイント使い方講座リンク集当サイトについて