ニュースデザインテンプレート図形・オートシェイプ使い方講座リンク集

パワーポイント使い方講座

Officeアシスタントを非表示にする

オフィスアシスタントは、日本語で質問を入力すれば、適切なヘルプを表示してくれる、イルカや犬、冴子先生とかわいいキャラクターでもお馴染みのヘルプシステムです。

しかし、Officeアシスタントを表示したままスライドを作成していると、チラチラと動いて愛嬌たっぷりのキャラクタも少々目障りで消したくなるもの。下図のようにパワーポイントでは、右横の作業ウィンドウも使用することが多く(2003)、さらにツールバーを切り離したりして増やしたりすると、スライド作成エリアはそれだけでも狭くなります。その上Officeアシスタントの表示があると画面がますます煩雑になりますね。必要な時だけ呼び出せば良いわけで、普段は非表示にして使用してはいかがでしょう。

(図1)作業ウインドウと作成エリア


■Officeアシスタント一時的に非表示にする

一時的に非表示にしたい場合は、アシスタントのキャラクタ表示の上で右クリックし、「表示しない」をクリックすると消えます。

(図2)「表示しない」メニュー選択


再度表示させたい場合は、メニュー「ヘルプ」→「Officeアシスタントを表示する」を選択してください。

(図3)再表示するには


■Officeアシスタントを使用しない

Officeアシスタントのキャラクタ表示の上で右クリックし、オプションを選択します。

(図4)「オプション」メニュー


「オプション」タブの「Officeアシスタントの使用」のチェックをはずし、OKボタンをクリックします。

(図5)Officeアシスタントのダイアログボックス


パワーポイントでは、沢山のオートシェイプや写真、動画や音声を使用したスライドを作成することが多いため、それでなくても多くのメモリを必要とします。少しでもメモリを節約するためにもOfficeアシスタントは非表示にしておくことをお勧めします。

ちなみにOffice2007ではオフィスアシスタントという機能そのものが削除されています。今までユーザーがオフィスアシスタントに問い合わせた最も多い質問は「オフィスアシスタントの消し方」だったという皮肉なジョークまであるのだそうで、かわいいけれど、いまひとつ支持されなかった機能のようですね。

 

 

当サイトについて

Copyright (c) 2008 Powerpoint119 All Right Reserved.

トップページデザインテンプレート図形・オートシェイプパワーポイント使い方講座リンク集当サイトについて