ニュースデザインテンプレート図形・オートシェイプ使い方講座リンク集

パワーポイント使い方講座

編集画面を聴衆に見せずにスライドショーを実行するには?

皆さんは、完成したプレゼンテーションを発表する際、どのように開始されていますか?


まず、上図のようにプレゼンテーションファイルを開き、メニュー「スライドショー」→「実行」でしょうか? あるいはF5キーでも開始できますが、いずれにしても、発表前に上図のパワーポイントの編集画面を聴衆に見せることになり、なんとなく手際の悪さを感じます。

そこで、今回は編集画面を聴衆に見せず、「ダブルクリック」だけでスマートに直接スライドショーを開始できる方法をご紹介します。

方法は、保存の際にファイル形式を変更するだけです!
メニュー「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックします。

(図1)名前を付けて保存メニュー


「名前を付けて保存」画面の「ファイルの種類」より「PowerPointスライドショー(*.pps)」形式を選択します。

(図2)ファイルの種類変更


あとはいつもの通りファイル名をつけ「保存」ボタンをクリックします。

(図3)名前をつけて保存


操作は以上です。

スライドショー形式で保存されたファイルは、通常のプレゼンテーション形式とは下図のようにアイコンの形も拡張子も異なります。

(図4)PPSファイルのアイコンと実行


スライドショー形式で保存されたファイルアイコンをダブルクリックだけで、簡単にプレゼンテーションを開始できました。ちょっとしたことですが、 プレゼンテーションの実行を印象よくスマートに演出できることでしょう!

 

 

当サイトについて

Copyright (c) 2008 Powerpoint119 All Right Reserved.

トップページデザインテンプレート図形・オートシェイプパワーポイント使い方講座リンク集当サイトについて